外国語

 2020年度から実施される次期学習指導要領では,小学校5~6年の「外国語活動」が「英語」として教科化になり,3~4年生では新しく「外国語活動」が開始されます。外国語活動では,「話す」「聞く」がメインとなるに比べ,5~6年生で英語が教科化になると「読み」「書き」にも発展していく予定です。

 5~6年生で英語を導入することにより、これまでよりも小・中で学ぶ内容の連携がスムーズになり、小学校から英語の能力が積み上がっていくことが期待されています。

 さらに中学校になると,英語で授業を行うことを基本とする方向性も出ています。

 本校でも,英語の教科化に向け,研修を進めています。今日は6年2組において,担任と外部講師(JANE先生)による研究授業が行われました。放課後は,英語力向上・指導力向上に関する研修を全職員で行いました。

 

 

 

 

 

2017年02月01日