認知症キッズサポーター養成講座

 11月9日(木),6年生が認知症キッズサポーター養成講座を受講しました。認知症について正しく理解し,自分たちができることは何かを考えました。6年生は総合的な学習の時間で,福祉について学んでいるところです。これから6年生は,地域にある介護老人施設の交流を行います。今日の経験をいかしてほしいと思います。

日本の高齢化についての説明。30年後には3人に1人が65歳以上になるといわれています。

室蘭市も高齢化は進んでいますが,八丁平地区は20%の高齢化率だそうです。

認知症は脳の病気であることや,認知症の方も

周りの人の理解や手助けがあれば地域で安心して暮らすこともできることを理解しました。

認知症の方への良い接し方を寸劇を見て考えました。

講座終了後,認知症キッズサポーターのしるしとして

全員にオレンジリングが配られました。

 

昨日に引き続き,

今日は4年生を対象に歯磨き指導を行いました。

 

 

 

2017年11月09日