学校再開

 10日(月)より、通常授業が始まりました。子ども達全員と無事に再会することができ,ひと安心です。子ども達の笑顔が戻ると,節電中でも校舎内は一気に明るくなりますね。

 学校が通常通りに戻ったといっても,2,3日間ライフラインがたたれてしまったことによるストレスはまだ解消されておらず,不安な気持ちでいっぱいの子どももいるかと思います。

 学校では,登校時や授業中の様子を詳しく観察し,朝の会での健康観察でも丁寧に聞き取るなど,いつも以上に子ども達の心と体のケアを行っていきます。ご家庭でも,眠れない・イライラする・物音に過敏になる・身体症状が出ているなど,普段と違う様子が見られ,学校生活を送るにはまだ心配だという場合はお知らせください。

 余震がまだ続いています。完全に安心できるわけではありません。各学級では地震が起きたときの避難の仕方について再確認しました。これからは,いつ起きるかわからない地震に,十分に備えていくことが大切です。また,今週予定されていた行事も,場合によっては安全を考え,延期としました。今後も,子ども達の安心と安全を第一に考えて取り組んでいきます。

 

 スクールカウンセラーの尾野先生より以下の話がありました。参考にしてください。

「子どもに安心感を与えてください。それは、いつもの日常を大切にすることです。規則正しい生活、栄養のある食事、楽しい学校生活、家族のだんらん、そういうものを心掛けてください。ちょっと甘えが強かったり、わがままな行動も少し余裕を持って受け入れてみましょう。数週間の間に自然に落ちつきを取り戻し、反応もみられなくなります。大人が過度に不安にならないことが大切です。また、怖い経験をした後は、テレビのニュースなどでの怖い映像を見せることはできるだけ避けて下さい。」

 ストレス状況が解消されていないのは,大人も一緒です。ストレス状況を自覚して,コントロールできるよう大人同士の助け合いも必要となります。

 

 本校ではご連絡いただければ,心の相談員やスクールカウンセラーとすぐにつなげることができます。何かご心配なことがあればお知らせください。

 

2018年09月11日