読書週間実施中

 10月22日より始まった「秋の読書週間」では,読書マラソンカードが配布され,低学年は20冊・高学年は5冊を目標に読書に取り組んでいます。

 ※詳しくはこちらをご覧ください →「図書便り」

 毎週,水曜日の朝の時間は,読書タイムとなっていますが,7日(水)は図書委員による読み聞かせも行われました。

 11月22日までは,図書室の本も1人3冊まで貸し出しをしています。ご家庭でも、お子さんといっしょに本を読む時間をつくり,読書の秋を楽しみましょう!

 

読み聞かせに向けて練習をする図書委員のメンバー。

 

7日(水)は1年生の教室へ読み聞かせに行きました。

 

朝の準備や掃除の時間にお世話をしてくれる6年生が,読み聞かせに来てくれたので,

 

1年生もとても嬉しそうでした。

 

他の学年も読書に親しんでいました。

 

高学年になると,伝記や小説など,ページ数が多い本を読む子が増えています。

 

中学年も静かに読書に集中しています。

 

マラソンカードをクリアすると,

 

しおりがプレゼントされます。また,1年間で100冊(高学年は70冊)以上,本を借りた子は,図書カードがゴールドカードにアップグレードされます。

 

読み聞かせボランティアさんによる読み聞かせも行われています。

 

いろいろな本にふれる機会を多くし,豊かな心を育てていきます!!

この期間にお気に入りの本が増えるといいですね!

2018年11月07日