研究授業 体育

 八丁平小学校では,今年度から「子どもの体力向上ボトムアップ事業」の指定を受け,全学年体育専科と学級担任による授業を行っています。8日(木)は,5年3組の授業を公開し,指導方法や授業作りの工夫について話し合いました。

今日の学習のめあてと流れを確認します。

 

準備体操は,バスケットボールの動きにつながる体操を取り入れています。

 

チームごとにスキルアップトレーニングです。

 

シュートやパスなど,それぞれのチームが

 

どの練習をすべきか考えて行っていました。

 

ICT(Ipad)を効果的に活用し

 

動きのポイントを分かりやすく説明します。

 

チームタイム(作戦タイム)を十分にとります。

 

前半がスタート。どのチームも動きがよいです。

 

前半が終了。後半の前に,もう一度チームタイムを取り,前半に出た課題を確認し,新たな作戦を考えています。

 

後半がスタート。作戦がいき,逆転するチームも。

 

振り返りとまとめです。攻め方,守り方でよかった点について確認しています。

 

放課後は先生同士の話し合いです。他の学校の先生も交え,ルールや場の工夫・チームタイムの活用はどうだったか・ICTは効果的に活用されていたか?・などについて活発に意見が出されました。

 

今回の授業に向けては,教育大学の中島寿宏准教授やレバンガ北海道の安宅寛法コーチと連携し,授業改善を行ってきました。

 

2018年11月11日