本文へスキップ

「進取創造」室蘭市立室蘭西中学校

電話でのお問い合わせはTEL.0143-25-1000

〒051-0012 室蘭市山手町2丁目10番地1

コミニュティ・スクール情報communityschool


トップページに戻る

お知らせ(コミュニティ・スクール関係)




コミスク便り


 ○2017年NO1(5月)(PDFファイル)

 ○2017年NO4(3月)(PDFファイル)

 ○2016年NO3(10月)(PDFファイル)

 ○2016年NO2(8月)(PDFファイル)
 
 ○2016年NO1(5月)(PDFファイル)





コミュニティ・スクールとは?

 「コミニュティ・スクール」とは、「地域とともにある、特色ある学校」の通称で、正式には「学校運営協議会を設置している学校」を意味します。
 この「学校運営協議会」は法律(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第47条の5)に示されているもので、教育委員会が学校や地域の実情に応じて置くことができます。
学校運営協議会の構成員は学校、保護者、地域住民の各代表の方々で、教育委員会が任命します。

学校運営協議会の主な役割は以下の通りです。

 @「校長の作成する学校運営の基本方針を承認する
   (必須事項)

 
A「学校運営に関する意見を教育委員会又は校長に述べる
   (任意事項)

  
※学校運営の責任者は校長であり、学校運営協議会が校長
   の代わりに学校運営を決定・実施するものではありませ
   ん。


 
B「教職員の任用に関して教育委員会に意見が述べられる
   (任意事項)

  ※教職員個々の人事に対しての意見を扱うものではありま
   せん。
 
ただし、この学校運営協議会は、活動実践を行う組織ではありません。
この学校運営協議会では、「子どもたちのためにできること」についての役割分担を明確にするとともに、協議会の中でだされた意見については、それぞれの組織(学校、PTA、各地域団体)、または連携組織の中で、人的及び経済的な負担、実施効果や継続性などを十分に論議(「熟議(じゅくぎ)」)し、実施可能なものについては互いに協力しながら、これまでの取組内容の充実や改善を図ったり、新たな取組等を進めていこうというものです。

このように保護者や地域の皆さんの意見を学校運営に直接反映させながら、「よりよい学校」や「地域とともにある学校」づくりを進めていく仕組みが「コミニュティ・スクール」です。

 <参考資料>
  文部科学省「コミニュティ・スクールって何」(学校運営協議会の設置の手引き)


コミニュティ・スクール導入促進事業


 本校は、同一校区にある室蘭市立みなと小学校とともに、平成28・29年度の「室蘭市小中連携コミニュティ・スクール導入促進事業」の調査研究の指定校となっています。2年間の調査研究期間を経た後、平成30年度に学校運営協議会を設置します。

【活動紹介】

2017年5月10日(水)

今年度第1回目の「コミュニティ・スクール発足推進委員会」が開催されました。
会議の内容は、(1)今年度の活動計画について(教育委員会より)(2)みなと小学校及び室蘭西中学校の平成29年度の運営の基本方針(3)室蘭西中学校区「ふるさと教育」グランドデザインについての説明と意見交換が行われました。





2017年2月21日(火)

みなと小学校の会議室で、「第4回コミュニティ・スクール発足推進委員会」を開催しました。
会議の内容は、(1)平成28年度CS発足推進委員会活動反省について、(2)平成29年度CS発足推進委員会活動計画について、(3)学校の情報交流(各校の学校評価の結果について)についての意見交換や情報交流が行われました。

 みなと小学校・室蘭西中学校活動報告




2016年12月19日(月)

室蘭西中視聴覚室で、「室蘭西中学校区生徒指導交流会」兼「第3回コミュニティ・スクール発足推進委員会」を開催しました。
会の中では、本校とみなと小学校の子供たちの2学期の様子や冬休みのきまり等についての情報交換が行われました。また、室蘭警察署生活安全課、室蘭市教育委員会指導班、青少年課の各職員の方からは、室蘭市内における不審者被害や青少年の補導状況等についての情報提供をいただき、「市内では不審者被害があとをたたない。被害にあったほとんどの人は歩きスマホをしていた。注意が必要。」との説明がありました。
このほか、CS(コミニュティ・スクール)に関わって、事務局を担当している上西先生(みなと小)から、CSの先進地域である「北広島市」と、「福井県大野市」の教育についての視察報告がありました。
詳しくは、後ほど「コミニュティ・スクールだより」でお知らせします。


○ コミュニティ・スクール視察報告資料(福井県大野市、北広島市)




2016年7月19日(水)

校区内の各町会、小・中学校の職員、保護者の各代表の方々、そして学校評議員さんが集まり、室蘭西中学校で「室蘭西中学校区生徒指導交流会」を開催しました。この生徒指導交流会は、第2回コミュニティ・スクール発足推進委員会を兼ねて行われているものです。
この会の中では、本校とみなと小学校の子供たちの様子や夏休みのきまり等についての情報交換が行われました。
また、会の終わりには、室蘭警察署生活安全課、室蘭市教育委員会指導班、青少年課の各職員の方から、室蘭市内における不審者被害や青少年の補導状況等についての情報提供をいただき、「中央・港南地区は不審者被害が少ない。日頃の見守り活動の成果ではないか。」との説明がありました。
子供たちの健全育成及び安心・安全を確保するための取組について、日頃より地域の皆様、保護者の皆様にご理解とご協力をいただいておりますことに心より感謝を申し上げます。




2016年5月18日(水)

「第1回室蘭西中学校区コミュニティ・スクール発足推進委員会」が、みなと小学校で開催されました。
この委員会の構成メンバーは、室蘭市教育委員会、みなと小・室蘭西中学校それぞれの学校評議委員さん・学校代表・PTA代表、そして校区内の青少年健全育成協議会の代表の方です。
本校からは学校代表(高見校長、中島教頭、高田主幹教諭)、PTA代表(増田会長、後藤副会長)、学校評議員(小澤さん、佐藤さん、門馬さん、森川さん)の計9名が参加しました。

始めに、室蘭市教育委員会の國枝教育長からの挨拶のあと、大須賀指導参事、本田指導主事よりコミュニティ・スクール及び本事業の概要説明があり、その後、みなと小学校、室蘭西中学校のそれぞれから、今年度の学校運営の方針についての説明を行いました。※参照→学校経営方針

このコミニュティ・スクール導入促進事業で一番の特徴となるのは、「保護者・地域」との連携に加え、「小・中学校の連携」による取り組みとなっていることです。
「義務教育9年間」というキーワードのもと、子供たちの健やかな成長を支えていくための学校・家庭・地域それぞれの役割を明確にし、目指す目標を共有しながら、三者による協力・協働の取り組みを進めていきたいと考えています。

【 第1回室蘭西中学校区コミュニティ・スクール発足推進委員 】
 
 ○ 配付資料




information

室蘭市立室蘭西中学校

〒051-0012
室蘭市山手町2丁目10番地1
TEL.0143-25-1000
FAX.0143-25-1001