全校道徳 「ベトナムの子ども ドバイのこども」の授業を受けて

生徒の感想

■長かったけれど、とてもおもしろくてあきませんでした。私が一番すごい
なあと思ったのは、最後に猪股先生が見せてくれた「砂漠」の写真です。
私は実際見たことはありませんが、行ってみたいなあと思いました。私は
外国が好きです。文化も違うし、街も、売っている物もとても興味がありま
す。一度も日本から出たことはありませんが、大人になったら、外国を行っ
たり来たりする職業につきたいなあと思いました。今日のお二人の話を聞
いて、私の外国に対する気持ちはいっそう強くなりました。私がこの授業
で感じたことは「日本って豊かな国なんだんなあ」ということです。細野先
生のお話で「その物自体を買う事ができないから、コピーを作る。」「普通
の学校では、机や椅子が足りない。」と言っていました。私達の周りには、
きちんとした商品があるし、机も椅子も一人一台ずつきちんとあります。だ
から「恵まれて、生きているんだな」と思い、日本とベトナムの違いを感じ
ました。また授業を受けたいです。(3年女子

■今日の道徳で日本の技術や文化や他国でいかに大切なのかがわかっ
た。日本と違い1年に少量の雨しか降らないドバイ、一日中勉強して日本
に来たいと思うベトナムの子ども達。ボロボロのトラックに乗って運転してい
るおじさん。自分達はまだ日本という幸せな国に生まれたが、内戦の続く
国で生まれた子ども、食べ物も満足にもらえない国で生まれた子ども、み
な同じ人だから生活環境などいい所、悪い所などで生まれ、戦争の道具に
されたりする子どももいる。だからこそ、日本のいい所を世界に伝えて、助
けてあげることが、過去のしてしまった行いを消す大事なチャンスだから、
日本のいい所を伝えてあげるべきだ。(3年男子

■ベトナムの話では1/89という差に一番驚きました。日本人をすごいと
思ってくれるのは嬉しいですが、日本人はそれほどすごい事をしているの
でしょうか。オートバイに家族全員が乗ったり、逆走をしたり危ないとおもわ
ないのでしょうか。「本物を知っているというのは強い」とありましたが、オー
トバイの事もそれが正しいと思っているのではないでしょうか。コピー商品
はだましているようで嫌です。ドバイでは宗教についてが一番驚きました。
1日に5回も礼拝をするのは忙しくないのでしょうか。断食についてでは日
の昇っている時間だけ食べないという事がわかりました。1ヶ月もご飯を食
べないでどうやって生活するのだろうと不思議に思っていた事が解決しまし
た。世界の食べ物、宗教、貧富などの違いがくわしくわかりました。
3年女子

■私は、外国についてとても興味があるので、今回の話で色々なことがわ
かって良かったです。ベトナムについてでは、コピー品が多いということに
驚きました。特に電化製品では、日本製と見せかけて売っている物があっ
たのでびっくりしました。でも、それだけ日本の電化製品は信頼されている
んだなあとも思いました。車やバイクの走り方もすごくびっくりしました。ドバ
イについてでは、まず気温の高さに驚きました。人の体温よりはるかに高い
気温の中に暮らしている人がいるということに感心しました。他にもドバイの
太目の美人についてや外国の人がたくさん暮らしているということ、高速道
路でのスピードについて、食事の時間を大砲で教えるということ、服装につ
いて、礼拝についてなど、見た事も聞いた事もない文化がたくさんありました、
同じ地球にすんでいる人でもこんなに違った点があるんだなあと思いました。
その中で暮らしている日本人や他の国の人は違う文化に慣れるのが大変
だったんじゃないかなあと思いました。だから、日本に住んでいる外国人に
対して、差別とかは絶対にしないようにしたいです。(3女子


■今日話を聞いてビックリした事は三つありました。一つ目は、ドバイもベト
ナムも気温がものすごく高いという事です。日本ではあまりそういう気温には
ならないので一度体験してもたいです。二つ目は、学校のことです。7時半や
6
時から始まること、昼には終わること。日本とは全てが違うのでそういう生活
がしてみたいです。三つ目は、ドバイのテレビについてビックリしました。ドバイ
は食べる時間帯が決まっているので家の中にいる人はテレビを見て知る。
また、日没を教える手段がすごかった。大砲の音で全ての人に教える。日本
ではありえないので驚きました。今日の授業で行ってみたいと思ったのはドバ
イです。ドバイの生活や食物にひかれたのもありますが、一番気になったのは
砂漠です。僕は自然の風景が好きだからあの場所は一度目にしたいと思いま
した。この授業で世界のことが少しでも知れたので良かったです。
3男子


★日本ではありえない事がたくさんあった。特に外の気温が50度もあるのに
はびっくりした。
おやつなどを食べる時間はあった方がいいけど、給食がないのはいやだなあ
と思った。ドバイでは、アラブ人よりもインド人の方が多いのにもびっくりした。
将来1度は行ってみたいと思ったけど、日本で30度を超えただけで、アチーと
言っているのい行って大丈夫かなとも思った。
その他には男子は学校が終わり帰ったらサッカーなどをすると言っていたけど、
テレビゲームとかはしないのかなと思った。あと、ベトナム人の中にも日本語を
一生懸命勉強している人達がいるから、ぼくは英語をがんばろうと思った。
今回みたいな行事は初めてだったからとても
おもしろかった。また、機会があったら他の事も聞きたいなと思った。
2年男子

★最初に私が驚いたことはベトナムもドバイも気温が高かった事です。室蘭
30度なんてならないので、ベトナムの38度、ドバイ50度、私はそんな暑さ
には絶対耐えられません。20度すぎた気温でも暑い暑いと言ってるのに、ベ
トナムとドバイの人はすごいと思いました。他に、礼拝を1日に5回もする。しか
もモスクという所まで行く。日本でこのようなことがなくてよかったです。その
理由はとてもめんどくさそうだからです。それに朝早くて私は絶対起きれません。
なので、礼拝がなくてよかったと思いました。食べ物ではベトナムは野菜など
でさっぱりした感じだけど、ドバイは断食があるせいかもしれませんが、よく食
べるなと思いました。でも太ってても美人とは驚きでした。私はどちらかという
とベトナム料理の方がいいかなあって思います。でも、ドバイの料理もとって
もおいしそうでした。一度は食べてみたいです。学校はドバイの方がいいです。
スナックタイムもあるし、1時半位で帰れるので。ベトナムは朝が早いので。
一番うれしかったのは、ベトナムの人もドバイの人も日本人を尊敬していること
です。ずっと逆にそんな尊敬なんてされてないと思っていました。とにかく、
今日は色々な事が知れてうれしかったです。今まで死ぬまで日本から出な
いって言ってましたが、今日の話を聞いて外国に行ってみたいと思いました。
将来、働いてお金をためて、まずは近い所から行こうと思ってます。
2女子


★私は二人の先生の話を聞いて思ったこと。それは「日本はとても恵まれて
いる」ということです。社会や英語の勉強、日常生活の中でも日本がとても幸
せな国だということは教わってきました。しかし、TVや教科書の中で見る「それ」
は単なる映像などの情報でしかありません。
今日細野先生のお話でベトナムではコピー品が出回っているということを聞き
ました。日本にもコピー品はあります。しかし、青白いミニーや「インターナショナル」な
んてものはありません。私達には本物のミニーや本物のナショナル製品を買う
お金がある。本物の使いやすさなどを感じることができる。ものすごい幸せなん
だと思います。いつか、ベトナムやドバイの子ども達が「あれはニセモノだ」と言
える日がくるのを、待ち望みたいと思います。(2年女子

★今回2人の先生からそれぞれドバイ、ベトナムの暮らし、宗教等を教えてもら
いました。私は今まで外国に行きたいとか興味を持ったことはありませんでした。
でも日本では着ないアオザイとかイスラム教の礼拝、時間が決まっているけど1
回はやりたい、行きたいと少しずつ興味を持つようになりました。どちらの国へ行
きたいかの質問。ドバイとベトナムと日本では暮らしや食べ物など違う物があり、
宗教はこれが良い。服装はこれが良いなど色々よくばりがあり、どっちが一番生
きたいとは決めることができませんでした。でも、何より私の心が動いたのは「日
本人を尊敬している」という言葉でした。
私は相手に会ったことがないし、もちろんメールも何もしていません。外国人から
見たら日本人はどんな人だと思うのか。本当に目の前で自分の口で言ってほしい。
それが私の気持ちの中で一番強い言葉でした。逆に私は外国(ベトナム・ドバイ)
の人達にありがとうと言いたいです。最後に教えて下さった2人の先生。実際に
行ってきた体験を教えて下さりありがとうございます。私もきっと外国に行く日がた
ぶんあるので、その時は私が教えたいと思います。(2年女子


●服の名前。ベトナムのアオザイ。ドバイの女の人が「アバア」男の人が「デッシュ
ラアシュラ」というのを初めて知りました。そして、ベトナムの正式名称は「社会主義
共和国」ドバイが「アラブ首長国連邦」というのも初めて知りました。あとおもしろかっ
た物は、「コナン」が大人気なのと「ドラエもん」の事を「ドレエもん」と書いてた本。特
におもしろかったのはミニーーの写真です。すごくおもしろかったです。サイコーでした。
ビックリした事は、ドバイで晩御飯になると警察の人が来て本物の大砲を撃ってご飯
の合図を出すのがすごいと思った。最高の気温が50度だということもびっくりした。ド
バイは小さい国で隣の国へ1時間か1時間半位あれば行けるという事にもびっくりした。
さらにびっくりしたのは高速道路で160キロも出すなんて。715分から学校が始ま
るのも、ベトナムで6時から学校が始まるのもびっくりしました。あとベトナムで少し日
本語が話せただけで子どもの前でも行列ができるというのもびっくりしました。日本人
が英語を話せても行列はできないのになあと思いました。今日は、先生の話が聞け
てよかったです(1男子


●ベトナムの服にアオザイというのがあることがわかった。帽子をかぶっていたが、
頭の上に穴があいていた。頭の上に穴があるのになんでかぶるのか。女の人の帽
子も同じなのだろうか。食事は日本の食べ物とほぼ同じだった。牛肉のフォーを1回
食べてみたいと思いました。ベトナムは車よりバイクの方が使われていた。日本の物
をよくまねするということは、日本はすごく有名なんじゃないかと思いました。気候が
昼間約37,8度なんて暑いなと思いました。私がもしベトナム人に会ったら1回はあい
さつをしてみたいです。私もベトナム語を勉強してみたいと思いました。ドバイがアラブ
首長国連邦にあるなんて初めて知りました。気温が50度もあるなんて暑すぎです。ド
バイの服装が男が全体的白で、女は全体的に黒でした。
外出する時は着るようで、髪の毛をかくす。肉をパンにくるむことは日本でもよくやる
から、似ているなと思いました。野菜をおもに食べるとはベジタリアンだと思いました。
宗教はイスラム教で1日に5回もお祈りするなんて多いなあと思いました。モスクという
所にお祈りに行き、右足から入り、手と足をよく洗ってから中に入るとはすごく厳しいな
と思いました。イスラム教の人は日が出てから沈むまで断食をするとはすごいと思った。
結婚相手を親が決めるなんて私はいやです。(1女子