平成18年度  学校経営方針および重点 

1.経営の指標 


  「新たなる伝統の礎となれ」  〜 母 校 創 生 〜  

 室蘭市立星蘭中学校は、平成184月に室蘭市立御前水中学校と室蘭
市立成徳中学校が統合し開校しました。校舎や備品等のハード面につい
ては市教委の全面的な支援により最新のものが用意されております。し
かし、開校の時点で、学校の教育目標や校歌・校章といったものはでき
ていません。同様に教育内容などのソフト面においてもほぼ
0からのス
タートです。この
1年間は、日常の教育活動にあたりながら星蘭中学校
の教育のベースとなるもの、新たな学校の校風や伝統の礎となるものを
創り上げていくことが求められます。

 そこで、上記の「新たなる伝統の礎となれ」〜母校創生〜を今年度の学
校経営の指標としました。

私達は、星蘭中学校が子ども達にとっても地域の方々にとっても新たな
母校であり、心のよりどころであることを認識し、成徳中学校や御前水
中学校が築いてきた歴史や誇りに恥じない「新たな伝統」をこの学校に関
わるもの一人一人の手で作り上げて行くことが私たちの使命です。

 そのためには

 @ 0からのスタートをプラスと捉えて仕事を進める
 
 ・職員一人ひとりが新しい学校を創る担い手であることを認識する
 ・前例を踏襲しない、進みながら考える(前の学校は・・・・・は×)
 ・新しい仕事を楽しみながら進める
 A 高い理想と地に足のついた活動を進める
 ・理想は高く、活動は地道に
 ・知恵と汗を出し「手作りの学校」づくりを進める
 B 保護者(地域)・生徒・教師が一体となった活動を進める
 ・学校は子どもたちや地域のためにあることを意識した学校
  づくりを進める

 ・地域の教育資源の活用と地域への貢献を意識した教育活動を進める
 
 以上を本年度の星蘭中学校としての学校経営の指標とします。

星蘭中学校の第一歩に関わる私たちの取り組みは、その全てが「新た
なる伝統の礎となる」ことであり、地域、生徒にとっての「母校づくり」
となることを共通認識してください。


2.経営の基底

〔本校のめざす生徒像〕
 @ 向上心をもち努力する生徒
 A 思いやりがあり互いのよさを認め合える生徒
 B 心身ともにたくましく粘り強い生徒
 C 命を大切にし、健康に心がける生徒

〔本校のめざす学校像〕
 @  一人一人が自分のよさを発揮し生き生きと活動する学校
 A 信頼と愛情に満ち溢れた学校
 B 地域に開かれた学校
 C 清潔で安全な学校

〔本校のめざす教師像〕
 @ 生徒とともに歩む教師
 A 情熱と使命感に溢れる教師
 B 学びつづける教師
 C 力を合わせる教師

3.学校の教育目標

 生徒の実態・教師の願い・地域・保護者の願いや実態を勘案し設定する。
そのため、教育目標検討委員会を設置し「教師の願い」「地域・保護者の
願い」についてはアンケートの実施

「生徒の実態」については旧成徳中・旧御前水中職員による把握
1学期中に教育目標の設定を行う。

4.学校課題

 @ 長期的な視点で

〔伝統と校風〕
 ・地域から信頼される学校⇒信頼される教師
 ・生徒を中心に据えた学校⇒学校は生徒のため、地域のためにある
 ・市内初の統合中学校⇒市民の期待と注目

 A 中期的な視点で

 〔星蘭中学校の教育の確立 〕
  ・教育課程の編成・実施
  ・星蘭中学校の特色ある教育活動  学校としての評価の定着

 B 短期的な視点で

 〔教育目標・校歌・校章〕
  ・教育目標の設定
  ・校歌の作詞      開校記念式典での披露
  ・校章のデザイン  

課題解決への視点

 @〔伝統と校風作り〕
 
   ○校名の由来「志を高く、きら星のごとく輝く人となれ」

  信頼される学校は信頼される教師から⇒啓発し合い、学びつづける
   教師集団。情熱と使命感に溢れる教師集団。

  少人数のよさを生かし、家族的な雰囲気の中で、伸び伸びと力を発
   揮する生徒。

   ・地域の期待やニーズを的確に把握し、応える学校⇒学期ごとの学校
   評価の実施


 A〔星蘭中学校の教育〕

   ○一人一人のよさを認め、伸ばす教育の推進

  子どもに「生きる力」をつける、教育課程の編成と実施
  生徒の実態を把握し、課題解決のための「星蘭」としての特色ある教
   育活動の推進

   ・研究推進委員会を中心とした研修活動の充実

 B〔教育目標・校歌・校章〕

  教育目標は特別委員会の設置⇒生徒・保護者の実態、地域・保護者の
   願い、教師の願い

    校歌・校章は生徒のアイデアを生かして⇒国語科・音楽科・美術科
   の協力


経営の方針

 @ 全職員の共通理解と協働体制に基づいた創意ある教育活動の推進
 A 基礎・基本の確実な習得と、主体的な学習活動をとおして自分のよ
   さを知り、個性を伸ばす教育活動の推進

 B 教職員個々が学校経営への参画意識をもち、資質の向上に努め、
   地域・保護者の期待に応える教育の創造・推進

 C 地域やPTAとの連携に基づく、地域の特色を生かした教育活動の展開
 D学校の環境整備工事に伴う生徒の安全管理の徹底

. 経営の重点

1)相互信頼と協働体性に基づき職員が一体となり新たな学校の伝統づ
   くりにあたる

 @ 教職員の相互啓発と信頼関係に裏打ちされた、協調と協働による学
   校づくり

 A 教職員個々の創意と工夫による、手作りの学校づくりの推進
 B 開かれた学校づくりの推進による地域から信頼され、期待に応える
   学校づくり


2)信頼と尊敬に基づき、人間としての豊かな心を育む学年・学級経営を
   進める

 @ 生徒と教師、生徒相互の望ましい人間関係の構築を重視した学年、
   学級経営の推進

 A 一人一人のよさや可能性を認め合い、生かす学級経営の推進
 B 担任・副担の連携に基づく学年づくりの推進

3)生徒・地域の実態に即した特色ある教育課程の編成と実施
  @ 基礎・基本を確実に身につける教育活動の推進
  A 生徒の視野を広げ、個性を生かす特色ある教育活動の構築
  B 道徳的実践力の育成を図る道徳指導の充実
  C よりよい生き方を身につける進路指導の充実
  D 特別支援教育への対応

4)教師としての専門性を高め、資質の向上を図る研修活動の推進
  @ 教師としての資質、指導力を高める研修活動の充実
  A学校課題の解決を図る校内研修の推進
  B教師相互に啓発しあう授業研究の充実

5)教育環境の整備・美化
  @ 心身の健康の保持増進を図る保健指導と相談活動の充実
  A 生徒が安全に、安心して生活できる学校づくりの推進
  B グラウンド整備作業に関わる安全の確保

6)地域・PTAとの連携による教育活動の展開を通した信頼される学校
   づくりの推進


 @ PTA
組織づくりと新たな活動を通して保護者・地域の一体感づく
   りに努める

  A 各種通信による学校の教育方針・重点等の情報発信
  B あいさつ運動・ボランティア活動等による地域への貢献と働きかけ

指導の重点
  @ 生徒の主体性を育て、意欲的に学ぶ学習指導の充実
  基礎・基本の確実な定着を図る教科指導の推進
  個性を知り、自分のよさを伸ばす選択教科の実践
  地域の教育資源を生かす総合的な学習の時間の推進
 
 A
判断力と思いやりを育む道徳教育の充実
  道徳の指導計画・指導内容の充実
  道徳的態度・実践意欲を高める指導方法の工夫
 B豊かな人間関係と、互いを認め合い、個々のよさを発揮できる特別活動
  の実施

  自主的・創造的な活動を通して活力ある集団を作る生徒会活動と学級活動
  成就感・有用感を味わい、感動を共有する学校行事の工夫
 C愛情と信頼に基づく生徒の心にせまる生徒指導の推進
  教師の指導体制を確立し、生徒個々に応じた支援・援助の充実
   ・家庭・地域・関係機関との連携強化に基づく効果的な生徒指導の推進
 D生命を大切にし、自分で自分を守る健康・安全指導の徹底
  生命尊重を基本とした健康・安全指導の工夫・充実
  健康と体力の増進を図る行事の推進
 E個に応じた進路の実現を図る進路指導の推進
  人間としてのよりよい生き方を身に付けさせる進路指導の充実
  体験活動・職場訪問等を通した望ましい職業感・勤労感の育成