認知症サポーター養成講座

 4日(火),6年生を対象に「認知症サポーター養成講座」が開かれました。認知症の人たちへの理解を深め,どうのように支えていくか,自分に何ができるかを子どもたちがが 学ぶ講座です。6年生は総合的な学習の時間で,福祉について学んでいるところです。これから6年生は,地域にある介護老人施設の交流を行います。今日の経験をいかしてほしいと思います。

 

まずは高齢化社会や認知症などについて学びます。

メモを取りながら一生懸命聞いていました。

認知症の方への接し方を寸劇を見て考えました。

同じことを繰り返し聞くとき,財布がぬすまれたと思い込むとき,良い接し方と悪い接し方を演じてくれました。

最後に認知症サポータのしるし「オレンジリング」を頂きました。認知症を学び,そして人としての優しさや社会のあるべき姿を伝えていただきました。ありがとうございました。

2016年10月04日