ブログ(活動の様子)

小中学校における新型コロナウイルス感染症の自宅療養や待機の考え方(変更)について

 室蘭市教育委員会より、「小中学校における新型コロナウイルス感染症の自宅療養や待機の考え方(変更)について」の連絡がありましたので、保護者の皆様にお知らせいたします。
 詳しいことにつきましては、下記のファイルにてご確認ください。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 →「小中学校における新型コロナウイルス感染症の自宅療養や待機の考え方(変更)について」

2022年08月10日

学校閉庁日(8月11日~16日)の新型コロナウイルス感染症のご連絡について

 室蘭市教育委員会より、「学校閉庁日(8月11日~16日)の新型コロナウイルス感染症のご連絡について」の連絡がありましたので、保護者の皆様にお知らせいたします。

 詳しいことにつきましては、下記のファイルにてご確認ください。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

「学校閉庁日(8月11日~16日)の新型コロナウイルス感染症のご連絡について」

2022年08月10日

1学期終業式

 今日は1学期終業式の様子を紹介します。

 1学期の締めくくりである終業式を行いました。新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、2年生と5年生のみがアリーナに集まり、その他の学年はテレビ放送で式の様子を視聴しました。

 終業式では、まず、校長先生から「整えることの大切さ」や「安全で楽しい夏休みを過ごすこと」について話がありました。子ども達は背筋をしっかりと伸ばし、目と耳を使って集中して話を聞くことができていました。

 次に1・2・5年生の代表児童が、1学期に頑張ったことや夏休みに楽しみなこと、2学期への抱負を発表しました。緊張する中、自分の思いや考えをみんなに分かりやすく伝えることができた子ども達はすばらしかったです。

 最後に6年生の児童会代表の児童が「事故やけが等に気をつけて楽しい夏休みを過ごしましょう。」と全校児童に向かって呼びかけました。

 教室で視聴していた児童も一緒に礼をしたり、拍手したりと立派な態度で式に参加することができていました。

 今日で1学期が終了しました。保護者の皆様には様々な場面でご理解とご協力いただきましたことに心より感謝申し上げます。夏休み中のお子様の体調管理や家庭学習、規則正しい生活への声かけをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

2022年07月27日

家庭科「ソーイングはじめの一歩」(5年生)

 今日は5年生の家庭科の授業の様子を紹介します。

 5年生の家庭科では、手縫いの学習に取り組んでいます。針と糸を使って、練習用布を活用し、目的に応じた縫い方や用具の安全な取り扱い方を実習を通して学んでいます。

 今日の授業では、「返し縫い」を学習しました。返し縫いの手順やポイントを理解した子ども達は、集中して練習に取り組んでいました。手順が複雑な縫い方に子ども達は最初は戸惑っている場面もありましたが、縫い方のコツを覚えると、上手に縫うことができていました。「今までの裁縫の中で一番順調にいったよ。」と嬉しそうに感想を話している児童もいました。

 これからも子ども達が、よりよい家庭生活を実現するために必要なスキルを家庭科で身に付けていけるように指導していきます。

 

 

 

 

 

 

2022年07月21日

体育「てつぼうあそび」(2年生)

 今日は2年生の体育の様子を紹介します。

 2年生の体育では、「てつぼうあそび」に取り組んでいます。

 「八丁体操」でウォーミングアップをした後、鉄棒をしっかりとつかむことができるように手を「グーパー」にする運動にも一生懸命取り組んでいました。

 まず、子ども達は「けんすい」に挑戦しました。鉄棒をしっかりとつかみ、地面から足を離し、腕の力だけで体を上手に支えることができていました。

 次に、「こうもり」という難しい技に挑戦しました。足を鉄棒にかけ、逆さまになり、こうもりのような姿になる技です。子ども達は失敗を恐れず、何度も何度も練習に取り組み、技を完成させようと頑張っていました。更にレベルアップを目指す子どもは、手を鉄棒から離し、足の力だけで体を支えることができていました。

 安全にも十分に気をつけながら、進んで体を動かす子ども達は大変素晴らしかったです。

 これからも、子ども達が運動に意欲的に取り組み、体力をどんどんつけていく姿を期待しています。

 

 

 

 

 

2022年07月20日

クラブ活動(最終)

 今日は、最後のクラブ活動の様子を紹介します。

 子ども達が毎回楽しみにしていたクラブ活動も今日で最後になりました。

 まず、個人でワークシートに「クラブ活動で楽しかったこと。」、「クラブ活動で一番力を入れて取り組んだこと。」、「どのような活動があったら、もっと楽しくなると思うか?」の3つの項目にそって振り返りを書いていきました。子ども達は、今までの活動を思い出しながら、自分の思いをたくさん書き込んでいました。

 次に、それぞれのクラブが最後の活動を行いました。今までの練習を生かして一生懸命に発表に取り組む姿や、友だちと声をかけ合いながら学年分け隔てなく楽しそうに活動に取り組む姿を見て、子ども達の成長をしっかりと実感することができました。

 また、今回のクラブ活動の様子を3年生が見学しました。3年生はとても興味津々にお兄さんお姉さんが活動する様子を見ていました。友だちと楽しそうに活動する姿を見て、今からどのクラブに入るかとても楽しみになったことと思います。

 これからも、子ども達が集団の中で役割をしっかりと果たし、友だちと関わり合う中でたくさんのことを学び、成長していくことを期待しています。

 

 

 

 

2022年07月19日

音楽「和音に合わせてせんりつをつくろう」(5年生)

 今日は、5年生の音楽の授業を紹介します。

 5年1組で研究授業を行いました。

 「和音に合わせて、8小節のせんりつをつくろう。」という課題で学習活動に取り組みました。

 まず、前時の学習で4分音符で旋律をつくったことを振り返りました。そして、今日は更にレベルアップし、「8分音符をつかって8小節の旋律をつくること」、「繰り返しの表現を使うこと」、「最初の音と最後の音を気をつけること」を確認しました。子ども達は前回学んだことを生かし、すぐに本時の学習内容を理解し、クロームブックを使って旋律づくりに取り組みました。

 次に、早く終わった児童同士で、作った旋律を聴き合う活動を行いました。「とてもよい曲だね。」、「もう少しテンポを遅くするといいよ。」と感想を伝え合いながら、お互いに高め合おうとする姿が見られ、すばらしかったです。

 最後に、全体で作った旋律を発表する場面でも、進んで立候補する子どもが多くいて、子ども達の学習に対する意欲がしっかりと伝わってきました。子ども達が作った旋律を聴くと、授業の最初に確認したことを意識して、とても素敵な旋律を作ることができていました。

 これからも子ども達が興味・感心をもって学習活動に進んで取り組めるよう、先生方で研修を深めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

2022年07月13日

栄養指導(4年生)

 今日は4年生の栄養指導の様子を紹介します。

 室蘭市給食センターの栄養教諭にご来校いただき、「カルシウムのはたらき」について子ども達に指導していただきました。

 カルシウムには、「歯や骨を丈夫にする」、「出血を止める」、「心臓のはたらきをよくする」はたらきがあり、健康な骨はぎっしりでかたく、骨粗しょう症の骨はスカスカでもろいということを写真やイラストを使いながら分かりやすく教えていただきました。

 カルシウムを多く含む食品を確認する場面では、子ども達は今まで経験したことや学んだことを生かし、牛乳やヨーグルト、チーズ、納豆、ほうれん草、小松菜、海藻、小魚、しらすなど様々な食品を進んで発表することができました。

 飲み物に入っているカルシウムの量を模型で確認する活動を通して、毎日給食で飲んでいる牛乳には233mgという多くのカルシウムが含まれていることを知り、子ども達は大変驚いていました。

 子ども達の振り返りには、「子どものうちにカルシウムを多く含む食品をしっかりととりたい。」、「今日の授業で何を食べたらよりカルシウムをとれるか知ったので、これからの生活で気をつけたい。」などと書かれており、学んだことをこれからの生活に生かそうとする姿勢に感心しました。

 子ども達に「カルシウムのはたらき」を分かりやすく指導してくださった栄養教諭の方に心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

2022年07月12日
» 続きを読む