開校20周年記念地域公開型研究会②

 「開校20周年記念地域公開型研究会」では全学級において授業が公開されました。本校では,4年前より,児童の学力向上を図るため,「教えて考えさせる授業」の充実に努め,授業力・指導力の向上を目指してきました。1時間目という早い時間帯の授業公開でしたが,たくさんの方に参観いただきました。どの教室でも,子どもたちが落ち着いて課題に取り組む姿をご覧いただけたかと思います。

具体物を用いた算数的活動に取り組む1年生。

指先までしっかりと伸びていますね。

話す活動や書く活動に意欲的に取り組んでいました。

実物投影機やデジタル教科書などICT機器を利用して,わかりやすい授業作りを行っています。

本校では,学習のめあてやまとめをしっかり明示するなど,わかりやすく,見やすく,授業の流れがわかる板書を大切にしています。

個人学習やペア・グループ学習など学習形態を工夫しています。

自分の考えを伝え合ったり,

一緒に課題に取り組んだりと目的をもって取り組んでいます。

よりよいグループ活動を成立させるため,言語活動の充実は欠かせません。

主体的に学ぶ八丁平小の子どもたち。

 

参加者からの「授業について」のご感想

〇一人ひとりの子どもたちに合わせ,丁寧に指導していると感じました。

〇子どもたちが非常に落ち着いて学習している姿がすばらしかったです。子どもたちの様子を見ながら授業を進めていて,どの子も課題にしっかり取り組めていたように思います。学習掲示が1つ1つ丁寧で勉強になりました。

〇ICTの活用・設置が充実していて,視覚でうったえたり1点に注目させたりしやすい環境になっていることに驚きました。授業は子どもたちに考えさせる時間が多くあり,内容も工夫されていて勉強になりました。

〇計算方法を伝え合う算数的活動も充実していました。

〇授業規律がしっかりできていて,集中して学習できていました。

 

 

 

2016年12月05日