開校20周年記念地域公開型研究会④

 公開授業,セレモニーと続き,最後に研究発表を行いました。研究発表では,学校関係者のみに本校で取り組んでいる研修について発表することが多いのですが,今回は保護者・地域の方にもご参加いただきました。

 研修のほか,教務(教育課程や学習環境など),生活(校内外の生活指導や家庭との連携についてなど),文化(学芸や図書・視聴覚など),保体(体力づくりや環境美化など)といった各部を担当する職員より,本校で行っている取組について発表しました。

 チーム八丁平小として,一丸となって様々な課題に向かい,子どもたちの教育活動を充実させることに取り組んでいます。

 

 

 

 

 

「研究発表」についてのご感想

〇先生たちが一丸となって様々なことに取り組んでいることがわかり,感謝しています。どうか継続してほしいと思います。家庭学習を毎日やることにしていますが,目的をもってできていなかったことに気づかされました。まだ自分で考えて学習することは難しいかもしれませんが,出きる限り考えさせることにも大切にして関わっていきたいと思います。

〇子どもへの教育,しつけを行ううえで非常に参考になりました。今後もこのような機会があるとうれしいです。

〇毎月の自己評価など学習だけではなく生活でのふりかえりが徹底していて,自分を見つめなおす取組がありすばらしいと思います。子どもの心が育つ取組が盛りだくさんでした。

〇教育の研究発表を初めて拝聴致しましたが,興味深く,自身のためになる発表でした。

〇学校での取組が正直プリントだけでは伝わりにくかったことが,今回伝わってきた気がしました。学校への信頼,期待を増し,我が子だけではなく,家庭,地域も含めて子どもたちの成長の手助けをしていけたら良いと思います。八丁平小と中学校のつながりも期待したいです。この度はおめでとうございます。

2016年12月07日