港ふるさと体験学習3年

 ふるさと室蘭の自然や産業などを学ぶ、「港ふるさと体験学習」が行われました。28日には3年1組,29日には3年2組と各クラスごとに実施しました。道立栽培水産試験場の訪問や船からの港見学などを通して,海や港について学び,室蘭のよさを発見してきました。

栽培水産試験場では栽培漁業について学びました。どんな魚を育てているのか,お話を聞いたり,実際に水槽を見学したりして学習してきました。

魚のえさとなるプランクトンについても教えていただきました。植物プランクトンの「クロレラ」のにおいを嗅いでいます。

いいにおい!?

プランクトンを顕微鏡で観察。

色々なプランクトンを発見!

顕微鏡の使い方も勉強になりました。

港の見学はこの船に乗ります。

ライフジャケットを着て,乗船です。

船の中。

外海から室蘭港までクルージングです。

大黒島をバックに!

白鳥大橋の下を通りました。

午後は室蘭水族館へ。餌やり体験。水産試験場で育てている魚と同じ種類の魚の水槽へ餌をあげました。

アザラシの餌やり体験。

この魚がアザラシの餌です。

水槽の裏側(バックヤード)を見学。水の管理の仕方や魚を観やすくするための工夫など,いろいろな秘密を教えてもらいました。

天気もよく,充実した1日となりました。これからは,学んできたことをまとめる学習に入ります。メモしてきたことをもとにふりかえりです。

2016年06月29日