平和教育

 7月14日15日は,第二次世界大戦時室蘭が空襲・艦砲射撃された日です。この時期に合わせて,本校では「平和教育」をおこなっています。
 今年も「室蘭子どもと環境・平和を創る会」の先生方から,456年生が平和について学びました。みんな真剣にスライドをみたり,お話を聞いたりしていました。

「室蘭子どもと環境・平和を創る会」三浦先生と小川先生。

4年生は「青い目の人形」のお話を聞きました。

5年生は「桑のある木の丘で」~室蘭の家屋疎開と空襲・国民学校~のお話。

6年生は「茶津山」~日鋼を支えた人達の戦争物語~のお話。

戦争の悲惨さ,平和の大切さを感じることができた貴重な時間となりました。

「室蘭子どもと環境・平和を創る会」の皆様,本当にありがとうございました。

2016年07月19日